楽しく写真を撮るための考え方

楽しく写真を撮るための考え方

こんにちは、いさお(@hrd1221)です。

「どうすれば楽しく写真を撮れるかな」って、悩んだことあります?

これって初めてカメラを買ってしばらく経ってから、当初の熱が冷めてきた時期に考えがちなことじゃないかなと思うんですよ。

それは誰もが経験することであって、成長のための最初の壁なのかもしれません。

そしてその壁を乗り越えるために必要なのが、自分の心と向き合い、心の変化を意識しながら撮ることではないでしょうか。

カメラ初心者が陥りがちな「撮りたいものがわからない」状態

なぜカメラを買ってしばらく経つと、撮りたいものがわからないという状態になるのか。
それはカメラの性能に対する真新しさがなくなったからです。

カメラを買ったばかりのころは画質やボケの美しさに感動し、なんでもない電柱すらも魅力的な被写体に見えます。

しかしそれは電柱ではなくカメラの性能に価値を見出しているだけであり、要は「被写体はなんでもいい」と思っているんです。

ただしそんな状態は長くは続かず、カメラ性能にも徐々に心が慣れてくる。

そしてやっと被写体のことを意識するようになったときに、撮りたいものがわからないという状態になるんです。

どうすれば 「撮りたいものがわからない」状態を抜け出せるか

前回の記事にも書きましたが、僕は写真を撮る楽しさの根元は自分の心と向き合うことだと考えています。

「自分の心が動いた瞬間」に、自分が気づくようにする。
すると、自然と自分の撮りたいものがわかってきます。

「そんじゃあ具体的にどうすればいいの?」
ということで、簡単なものを2つピックアップしてみました。

  • 撮影テーマを決める
  • 撮影枚数のノルマを決める

撮影テーマを決める

その日の撮影テーマを決めてから家を出ましょう。

例えば花や鳥といった種類でもいいですし、赤や青といった
さらには丸や三角といったでもいいでしょう。

カテゴライズはなんでもよくて、それを決めることが大事です。
テーマを決めることで、そのテーマに合った被写体を探すように脳が切り替わるからです。

実際、多くの人が素敵な被写体を見落としてるんですよね。

テーマを決めることで、毎日通っているはずの道すらも新鮮に見えてきます。
「こんなところにタンポポが咲いていたのか」とか、
「この家の外装オシャレだなー」とか。

これだけで、かなり「自分の心が動いた瞬間」に気づきやすくなります。

撮影枚数のノルマを決める

「今日は最低○枚撮るぞ!」と決めましょう。

この丁度いい枚数は人によってそれぞれです。

過去に撮った写真を日付順に並べ替えて、多いときはどれくらい撮っているかを確認してから決めてみるとよいでしょう。

そのようにノルマを決めることで、「気になったけど撮るまでもないかな」という判断が減ります。

フィルムカメラの時代であれば撮影できる枚数が決まっているので、被写体は厳選する必要がありましたが、デジタルカメラなら気にせず撮ることができます。

撮ろうかなと思ったということは、心が動いたということ。
そういう瞬間は出来るだけ残しておきたいものです。

まとめ

「良い写真を撮ろう!」と意気込むことは良いことですが、それが余計なプレッシャーになってしまっては、なかなか良い写真は撮れません。

何の気なしに撮ったものでも、後から見返すと魅力的な写真だったということはよくあることです。

せっかく楽しむためにカメラを持ったのですから、気負わずに撮ってみましょうよ。

すると、少しずつあなたの「撮りたいもの」がわかってきますよ。

以上です。

写真カテゴリの最新記事